第9回六華ゼミが開催されました(最終回)

いよいよ六華ゼミ最終回となりました。

11月25日(金)に開催された第9回六華ゼミの講師は、

建築家/(株)エスエーデザインオフィス 一級建築士事務所 設計室長の千葉純子さんです。

テーマ 「建築メガネから見る世界」

建築家としてのお話から、在校生の皆さんへのメッセージまで、まるで自分も世界旅行に出たような気持ちになる素敵な写真をたくさん交えながら、お話いただきました。また、ご自身のデザインの模型もお持ちいただき、見て触ってと私たちもイメージを膨らませながらお話に聞き入りました。

img_20161126_004404

まずは、世界各地の建築の写真をたくさん見せていただきながら、古代エジプト建築から現代の建築まで、そしてご自身のデザインを紹介いただきました。写真の建物、風景はどれもステキなものばかり!時代を追って、建築が変化する様子も見せていただきました。

高校で理系に進むことを決め、そして大学で建築の魅力に気づき、大学院を経て職業として建築の分野を選ばれた千葉さん。

国家資格である「建築士」の説明、そして建築を通して社会にビジョンを示す「建築家」についても教えていただきました。

img_20161126_002245

建築の魅力は、なんといってもかっこ良いこと、造形の美しさ、構造の美しさ、建築の集合である都市、素材、建築に囲まれた空間、何のための建築かということであり、

建築家は、それを通して社会を良くしたい、美しい建築や風景を作りたい、過去の建築の素晴らしさを伝え残したい、そういう思いを持って臨む職業ということをお話いただきました。

建築の技術を常にアップデートしたり、法律や基準が変更ないか都度確認し、社会から求められる職能の変化に対応しなど、建築の厳しい面にも当たりながらも、プロフェッショナルとして理想や思いを持ちながら仕事をしている姿を想像すると、とても眩しく感じます。

また、いろいろな仕事の目的別分類(価値提案型、問題解決型、社会維持型)を示していただき、何がどう良いのかという価値を自分の尺度や言葉で伝えること、そして目指す姿として、高い専門性・経験や技術とともに、理想・哲学を持つことが大事とお話いただきました。

在校生の皆さんへのメッセージとして、皆さんはこれからいろんなことを手にする可能性が高い、将来を考える時には、少しでも社会を良くしよう、北海道のために何かしよう、という思いを持って欲しいとの温かいエールをいただきました。

img_20161126_002626

最後に、何と講師の千葉さんから、今年の全9回の六華ゼミを画像とともに振り返るというサプライズが!本当にありがとうございます!

 

さて、今回で六華ゼミは最終回となります。

色々な職業のお話がありましたが、皆さんいかがでしたでしょうか。

卒業生はいろいろな道を歩み、それぞれ頑張っています。

在校生の皆さには将来を考える時の一つの参考としていただければ良いなと思います。

また、幹事期として、同期の皆さんのご活躍、仕事への思いを聞くことができ、自身の仕事の振り返りもすることができました。感謝いたします。

講師の皆さん、ゼミに参加いただいた皆さん、ご協力いただきました先生方、放送局の皆さん、お手伝いいただいた同期の皆さん、最後までどうもありがとうございました。

 

img_20161125_175259

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です