第4回六華ゼミのご報告

第4回目となる六華ゼミが、8月26日(金)に開催されました。

今回の講師は、薫風国際特許事務所 弁理士 /LEC東京リーガルマインド 専任講師の西田憲孝さんです。

DSC_2442

大学卒業後、塾講師を経て、通信制・単位制の高等学校に勤務し、そして現在は弁理士としてご活躍されている西田さんに、

「教育業界から特許の世界へ〜科学と法律が融合した仕事〜」をテーマにお話しいただきました。

image2

まずは弁理士とはどのような仕事なのか?という項目から、楽しい講義が始まりました。

弁理士は、特許や商標などの知的財産の権利を取得するために必要な手続を行うこと、国家資格であること、どのような試験かなどを知ることができました。そして弁理士資格に限らず、色々な試験に臨む時には、合格率だけではなく受験者層などを見て判断することが大事というお話がありました。

ご自身がなぜ弁理士を目指したのかというお話では、現役生の皆さんと同じ高校生の時から数学が好きであったこと、大学卒業後高等学校に勤務し多くの人と関わったこと、ご自身に合った資格の取得を目指したことなど、経験談も混ぜながら、楽しく語っていただきました。

image1

現在、ご自身も資格試験を目指した経験を生かし、資格試験の予備校講師もされている西田さん。講師も弁理士という仕事も、根幹には自分が接する人の手助けがしたい、という気持ちがあるのこと。

最後に皆さんへ、「明確な目標を持つことがとても重要で、そして夢を追い続ける限りチャンスは必ず来る!」と力強くメッセージもいただきました。

DSC_2437

ご自身の「サッカーの弁理士ワールドカップ杯を開催すること」という夢も叶うことを願っています!

ご協力いただいた先生方、お世話になった放送局のみなさん、お手伝いいただいた同期のみなさん、そして講師の西田さん、どうもありがとうございました。

DSC_2445

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です